最新記事

私たちの健康を支えてくれる医療用品の数々がありますが、その中でも日常最も多く使用されているのがマスクと言えます。
マスクを着用する場面や状況は多くありますが、主に挙げられるのは風邪をひいたときやウィルスから身を守るときなどです。
使用する頻度や用途の多いマスクですが、その種類は豊富に存在します。
従来のマスクは布製のもので、使用した後に洗って再利用していました。
それが今ではプリーツを施したタイプが目立ち、ウィルスの侵入を極力防御することに成功したものが主流であります。
また、子供や女性向けのサイズに工夫を凝らしたタイプも出回っているのが見受けられます。
この頃のマスクの特徴として、息苦しさをなくし通気性をよくした作りになっています。
個人で使用することも多いですが、医療の現場では必ずと言っていいほどマスクの着用が義務付けられています。
それは自身の身を守るためでもありますが、患者さんたちへの配慮の意味が含まれます。