最新記事

医療用品は、家庭で使われるものから、病院などの専門施設で使われるものまで、様々な種類のものが存在します。
一般的にドラッグストアなどで簡単に手に入るものといえば、ガーゼや包帯、マスクや消毒薬などがあります。
これらはもちろん清潔に製造されていますが、最高レベルの滅菌状態を想定して作られているものではありません。
医療従事者が使うことを想定しているのではなく、またその使用シーンも病院等での処置を必要とするものではないと想定されるからです。
これに対して、病院などの専門施設で使われるものは、市販用ではなく業務用として作られています。
その想定される使用シーンは、高度の清潔操作が前提となっています。
病院などでは体力が落ちて免疫が落ちた人が多数存在します。
また、処置を必要とする損傷自体も家庭で処置するものと比べれば、重傷のことが多いです。
このため、あらゆる菌が存在せず、その状態が保たれるように製造された医療用品が使用されています。