最新記事

今日本社会で大きな問題となっていることのひとつとして介護があげられると思います。
高齢化社会イコール健康寿命が延びているとは言い切れず、なんらかの形で介護を必要とする方の割合は年々増加しています。
その中でも、在宅介護は大きな課題の一つで、デイサービスなどを利用しても家族の負担は大きいと言えます。
そんな在宅介護に便利な医療用品を体験に基づいてお話ししたいと思います。
1.プラスチック(ポリエスチル)手袋これはみなさんご存じかと思いますが、なにかと多用するのが使い捨てタイプの手袋です。
感染予防の面からも大切です。
トイレの世話や、着替え、体を拭いてあげるときにも便利です。
種類は多種多様ですが、ポイントは安価すぎるものは選ばないということです。
ドラッグストアなどで100枚入り700円前後で購入できます。
2.防水シートベッドで寝る際に、シーツとマットの下にひいておくと大変便利です。
洗い替えに2枚あるといいと思います。
マットレス全体にひく必要はありません。
おしりの位置を中心にひいてあげてください。
介護される方も安心です。
これらの医療用品をうまく活用することによって、介護する側もされる側も気持ちよく快適に生活することができます。